矯正歯科

機能と審美の両立...矯正

矯正歯科とは、一般的には不正咬合、例えば出っ歯・受け口・乱ぐい歯・八重歯などを、自分の歯を生かして治療することです。
これは、単に見ためによい歯並びにするというだけでなく、歯槽膿漏、虫歯、咀嚼障害、その他のいろいろの病気を予防するためにも、大変重要な歯科治療なのです。

1)相談の予約
メールか、お電話にて相談の予約をお願い致します。

2)初診(相談無料)
現在の歯の状態を見て、わかる範囲で治療内容を説明します。
歯並びについての相談、疑問点などにお答えします。

3)一般検査
歯並び以外の検査(ムシ歯、歯周病、顎関節など)の検査を行います。

4)矯正検査(咬合精密検査)
歯並びの状態を詳しく検査します。
頭部X線規格写真、口腔内写真、顔面写真、歯牙模型。これらから診断、治療方法を決定します。検査時間は約30分です。

5)検査結果の説明
矯正検査の結果から、その患者さんに最良の治療計画をお話しします。治療方法、装置の種類、期間、料金などを説明します。患者さんに治療内容をよく理解していただきます。患者さんの了解を得たうえで、治療をすすめていきます。

6)矯正装置装着
装置装着は2〜3回に分けて、少しずつ着けていきます。一度に全ての装置が口の中に入ることは、ブラッシングも大変ですし、かなり異物感があります。その為少しずつ慣れるように装置をつけていきます。

7)矯正治療中
装置が全部着いてからは治療終了まで3〜4週間に一度の来院で治療していきます。

8)治療終了後装置を全てはずします。
この時術後の資料として術前検査と同様の事をします。
頭部X線規格写真、口腔内写真、顔面写真、歯牙模型を取ります。

9)保定装置装着
歯が動かないようにリテーナーという保定装置(取り外し可能)をつけ、1〜2年経過観察を行います。

10)保定終了
歯が安定して動かないようになった時点で終了となります。

MTM...少数歯の矯正

MTMとは歯のねじれ、すきま、出っ歯などを数歯のみを動かすことによって問題を改善する方法です。
手軽に短期間でできる小矯正で口腔内の装置も最小限ですみます。

全く新しい歯列矯正法

アソアライナー® (マウスピース型矯正装置)

今まで矯正装置は、歯の表面に装置を張り付けるタイプのものだったため、見た目が悪かったり、痛みが出たり、食べ物がひっかかったりしていました。アソアライナーは透明なマウスピース型なので矯正中だということがほとんどわかりません。また異物感もなく、取り外しができるため、ていねいな歯磨きも可能です。また、矯正期間も短くほとんどの症例で約1年で完了します。

また、コンピューター診断にて矯正治療後の予測歯列模型を作製することにより、実際に手に取って将来の歯並びを見ていただけます。また、治療費も矯正期間が短ければ短いほど安価な設定になっていますので、矯正治療をお考えの方は、ひとつ選択肢としてご検討下さい。詳しくはスタッフまで。